私の腹筋物語

夫に対して『無関心修行』の後に待っていたのは『妄想○○』だった

夫に対する怒りが頂点に達し、脳天からマグマが噴出したらあとは冷却していくだけだった。飛び散ったマグマが黒く固まっているのを見るのはげんなりするが。

どうしてもすぐにキーーーーッ!となってしまうのだが、そんな時は私の両肩に乗ったへー君とホー君が話しかけてくる。

へーーーーそうやって思うんだぁ

ほーーーーそういうことするんだね。

と感情のままに怒りが湧き出ると、話しかけてくるうるさい小僧どもだけど、いつもヨシヨシするようにしている。スルドイ意見を言ってくれるしね。

まずは無関心修行

あくまで『無関心』なので『無視』はしない。話しかけられたら話はする、もちろん。でも、こちらから話しかけはしない。思えば今までも私が話しかけても返事をしないか、話している途中で全然別の話をぶっこんで来る人なので、私が話しかけていないことに気がついてはいない様子。

でも、意識的に1日8分間は話を聞くようにする。なんかどっかで見たか聞いたかしたのだが、夫婦関係を保つには最低でも1日8分間は話せみたいなことを見たんだよね。意識してみると8分間って長くて、今までそんなに話していなかったかもと気づいた。

こちらの話をしないのは「なんで聞いてくれないのよ!」とか「また全然違う話しやがった!」とか思って怒りがこみ上げてくるからやめた。だって無関心だもん。

感謝されないだろうなと思うことはやらないことにした。感謝されるだろう。いや、されて然るべきだと思っていることは「やってやっている感」が強く出ているので、『我慢』とか『犠牲』とかいう言葉が潜在下の脳内に漂っているのだろうからやめた。無関心、無関心。

夕飯も作らないし、洗濯物も干さないことにした。

そして夫は怒りもしなければ、疑問も持たなかった。

考えてみれば今までも「ごはんは?」とか「パンツないんだけど?」とかそういう類のことを訊かれたこともない。自分のことは自分でやっていたんだな。ヤツは。

帰るコールもなければ「今日、飲みに行くから」とか「今日泊まりだから」という連絡も今まで一切なかった。今までも。

なんでしてくれないんだろう?と連絡を要求したこともあったけど、全然聞いていないので言わなくなった。

私が夫に無関心なっても夫はなにも変わらなかった。困った様子もなかったし、今までと変わらず平常心だった。

気づきたくなかったけど気づいちゃった

今まで、夫はお金もくれないし、色々連絡もくれないし、作った夕飯もたべてくれないし、普通じゃない!!と思っていた。

普通??普通ってなんだ?

普通の夫婦ってなんだ?

違う、正しくは『私が思い描く理想の夫婦』だ。こうあるべき夫婦像だ。

 

因みに私は友だち夫婦ののろけ話を聞くのが大好き。

久しぶりに会ったお友だちがのろけ話しかしなくなっていた。口を開けばのろけ話だ。

彼女は10年以上うつ病だかパニック障害だかなんだかで薬を大量に飲んでいた。外に出られたり出られなかったりを繰り返していたが、40歳も後半に入ってなんと良縁に恵まれ結婚した。

まぁまぁまぁまぁ幸せそうにご主人との話をするんですよ。もうそれはそれは聞いているこっちの目にもハートマークが入っちゃうくらいの。

うらましい!!!

100%ご主人に感謝していて、不得意だったことも色々挑戦して元気になっていた。愛のパワーっていうんですかね。

そんな彼女に「いや~私は”一番ダメージの与えられる方法で離婚”しようと日々計画を練っているんだよ」と言った時の彼女の顔に私は衝撃を受けた。

言葉に表現できないけど…なんか…「まったく意味がわからない」と言った感じの…バカにされているわけじゃないけど、なんか…ハートが満ち溢れている空間にどす黒いモヤモヤを吐き出してしまったが、それをいとも簡単にハートの塊で取り払われてしまった感じ。

なんかオレ、やべーなって気づいた。

なんかわかんないけど、やべーなって。

無関心(風)になったら冷静になってきづいたんだろうね

無関心修行は1年くらい続けた。正確には「無関心になろうと努力する修行」だったが。

無関心にはなれなかった。そこにいるんだから。

だけど、意識を夫にばかり向けないようにしたおかげで色々見えてきた。ヘーホー君たちも大活躍した。

特に自分自身のことが。なにを考えていたのか。なにを感じていたのか。どうしたかったのか?

無関心修行時代、夫に罵られるのが嫌で始めたキャベツダイエットと、シックスパッド。結果、全然痩せなかったどころか太った。シックスパッドはそこそこの効果があったが筋肉の前に脂肪を取り除かないとどうにもならないこともわかった。

結局何のためにダイエットしていたのか…

言いたくないけど言おう!

夫の気を引きたかっただけだ。夫は私の体型以外で私に興味を示すことがなかったからだ。

でもそれは負のパワーだった。

見返してやる!ぎゃふんと言わせてやる! 認めさせてやる!!

だけど、それが達成してしまったら? どうなるかわかっていたんだろうな、潜在意識が。そりゃ痩せないよ。

そして始まる妄想ボディメイク

でもダイエットはやめないことにした。今の私にできる、唯一夫のつながるための方法な気がするからだ。

でも、夫を意識すると負のパワーが発動してしまうので、いい方法を思いついた。

『妄想ボディメイク』だ。

理想の腹筋を手に入れたら○○が起きる。
腹筋つながりで、こんな○○が起きる。
腹筋があればあんな○○だって♡。

という正のパワーを妄想で…♡。

今のところ功を奏している。妄想ばんざーーーい!!

というわけで、妄想族募集中です。